操作イメージ

- operation -

一つひとつの工程をシンプルに

代表的な機能の操作イメージを動画で紹介します。シンプルな操作で一つひとつの工程にかかる時間を短縮します。

ワークフロー

報告書の申請

帳票毎に関係者へワークフロー(申請・確認・承認)を回します。会社毎の承認ルートで運用が可能です。

報告書の申請

指示書の発行

1.指示の仕方

検査時や安全パトロール時に、指摘の詳細を指示します。写真に手書き入力を行ったり、図面で指摘箇所を共有できます。

指示の仕方

2.指摘の確認

通知された指示を確認して、対応します。対応した状況は写真を撮影して返答を行います。

指摘の確認

3.指示対応を確認する

指示に対する対応状況を添付された写真などを確認して、対応を完了させます。問題なければ合格を通知します。

指示対応を確認する

業者予定管理

業者予定管理

業者への作業依頼、業者からの内容変更依頼など、電話やFAXを使用せず、全てかん助で依頼・受領・確認が行えます。

業者予定管理

検 査

複数人による検査

検査の状態を確認できます。
複数人による検査も行えます。

複数人による検査

工程写真

工程写真

電子黒板を使用し工程写真の撮影をスムーズに行います。現場で撮影を行うと、自動で写真台帳が作成できます。
電子黒板の種類も様々なものがございます。

工程写真

地図メニュー

地図上に現場を表示

担当現場の状況を地図上で一括確認します。

文書の共有

文書の共有

文書の共有

施工業者ごと、現場ごとに必要書類を共有します。許可されたフォルダーだけを参照することができるアクセス権の設定が可能です。

文書の共有

工程管理

工程管理

工事で報告されている帳票の全ての予定・実績をもとに、現場の進捗状況を一括表示します。
また各帳票実績を抜粋して線表として表示することも可能です。

工程管理

マスター設定

マスター設定

運用に関する管理者向けのメニューです。利用者ごとに物件を参照できるエリアを登録したり、報告帳票の承認ルートを設定することができます。

マスター設定

お電話でのお問合せ

087-822-3700

平日9:00~18:00

Copyrightc 2020 Anabuki CollegeService All rights reserved